社員対談 Dialogue

社員対談上司×部下対談

秋月 和也

新卒23年目土木部

×

中川 美菜子

新卒5年目土木部

お二人が入社された当初の業務について教えてください。

秋月

学校で土木を専攻していたため、入社当初から土木に関する知識自体は持っていたのですが、実際の現場は未経験なので何が何だか分からない状態でした。
私が入社した時代は研修などはなく、そのまま現場に出てやっていく中で次第に仕事を覚えていったというような感じです。
最近はジョブローテーション制度をはじめ、様々な研修制度が整えられているので環境としてはだいぶ変化しましたし、今の若手は恵まれているなと思いますね!

中川

私は入社後2週間の研修のあと、ジョブローテーションで土木部と介護事業を経験し、土木部へ本配属しました。
ジョブローテーションの希望は通りやすいですし、自分に合った職場を多様な選択肢の中から選ぶことができるのはシティプラスホールディングスの強みでもあると思います。ミスマッチもかなり減らせるのではないかと実感しています!

お互いの第一印象はどのようなものでしたか?

秋月

これまでは女の子が入社してきても事務関係が多く、現場に配属することは少なかったですし、まさか本配属するとは思っていませんでした(笑)
でも一緒に働いていくうちにだいぶ変わってきましたね。現場で働く上で重要である主体性や先々を見通す力など、入社した時からは大きく成長していると感じます。
現場への理解も深まっていますし、技術スキルもだいぶ向上していると感じますね!

中川

初めてこんな話聞きました!もっと聞いてみたいですね(笑)
私は秋月さんに対しては正直に言うと恐い印象しかなかったので初めてお会いするときは本当に緊張していました!
でも実際にお仕事でご一緒してみると全然恐くなかったですね(笑)むしろ土木部で一番といってもいいくらいお優しい方なんですよ!
私は土木に関する知識は本当に0の状態で入社したんです。そんな私に対して秋月さんは1から丁寧に教えてくださいますし、私を1から育てて下さったのはまぎれもなく秋月さんですね!

一緒に働いている中でどんなことが印象に残っていますか?

中川

先程もお伝えしたのですが、本当にお優しいんです!
体質などにも理解を示してくださっていますし、相談もしやすい方です。わからないことでも本当に丁寧に教えてくださいますし、いつも本当にお世話になっています!

秋月

今の世代は新しいことにどんどん挑戦しているんですよね。中川さんもそう。自分で挑戦した結果、ドローンを飛ばすことができるんですよ!
どんどん若手にチャンスを与える会社なので、若い世代の人には是非ブラザー制度等を活用して上司にやりたいことをどんどん話してほしいなと思いますね。

今後のシティプラスホールディングスでやっていきたいこと・取り組みたいことを教えてください。

秋月

自分のスキルアップはたゆまずに行っていきたいですね。
それから上司としては、やはり会社の今後を担う若手社員を成長させることができるような、そんな上司になりたいと思います。

中川

私はジョブローテーションで土木から離れた時期もあったので、まずは知識や経験を積んでいきたいと思っています。
それからドローンも日本全国で飛ばせるようになったので、これを自分の武器にして会社に貢献していきたいです!

PAGE TOP PAGE TOP
採用ブログ 新卒採用ENTRY